2015年03月31日

2015年の春

桜の季節恒例の片手運転3分半。

1.5kmのつくば農業研究団地をカメラ片手にドライブです。

2015年3月31日のつくば農業研究団地さくら通りです。 全長1.5kmの桜並木は手入れが行き届いたソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラ500本が見ごろを迎えています。
YOUTUBE.COM


posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いっきに花咲く

キタ〜〜ツ !

きのう通った時は2〜3分咲きだったというのに、先ほど行ってみたらほぼ満開。
この時期の桜は目が離せません。(つくば農林研究団地 さくら通り)

永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真

posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

生まれて初めてのゴルフ場

白状しますが、実はこの歳までゴルフコースに出たことがありません(止まってるボールを打っても面白くない・・・なんて強がって)。

生まれて初めて入ったゴルフ場は藤ケ谷カントリークラブ(千葉県柏市)。柏沼南ライオンズクラブのチャリティゴルフコンペに招かれて演奏とフラで1時間半ほど雰囲気づくりのお手伝いです。

参加者500人。名門コースを借り切っての大コンペ。表彰式までの待ち時間、つまり最終組が上がってくるまでの間の賑やかし担当ってやつですかね。

木造2階建てクラブハウスの中は演奏音が心地よく響きます。

永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真
posted by kathy at 21:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 弾く・謡う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川瀬巴水展

きのうは約90キロ北の日立市までひとっ走り。この日で終わりという「川瀬巴水展」(茨城キリスト教大学)を見てきました。

川瀬巴水(かわせはすい):1883年(明治16年)〜1957年(昭和32年)。衰退した浮世絵版画の復興版ともいうべき新版画を確立したことで知られ、江戸時代の葛飾北斎、歌川広重と並び称されるほどの人気絵師だった。各地を旅し、その土地の名士に版画を買ってもらっては次の地に向かったという。水戸の酒蔵にも気に入られ、しばしば茨城県に逗留して版を彫った。海外にもファンが多く、アップルの創業者Stieve Jobsもコレクターだった(Wikipediaなどから)。

不勉強でこの人を知りませんでしたが、淡々と描く「日常」は写生画のように気どりなく、す〜っと心に入ってくるものばかりです。
 *会場は撮影禁止だったので、Web上から一部コピペして紹介します。

永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真
posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤリイカはまだまだ子ども

この時期のヤリイカはまだまだ子ども。
麦の穂が出そろう時期のムギイカ(スルメイカの子)より小さく、実にうまい。

5ハイ買って2ハイは刺身に、残りを酒、みりん、醤油でサッと湯がいてみた。

刺身は上等のワンタンのようにつるつるでやわらかい。
甘塩っぱ煮の方もバクバクといける。

永田 克彦さんの写真
posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

隣町のハワイアンレストラン Mahalo

土曜日はバンドの練習日。きのうは練習後に隣町の 取手ハワイアン料理 マハロ」で仲間とランチ。

南国ムードの店内にはムーディーなハワイアンミュージックが流れ、大画面のテレビにはビッグウェーブに立ち向かうプロサーファーの動画映像が。

4人が別々のものをオーダーし、少しずつシェアして4種類の味を楽しみました。

ハワイに行くたびに「量は食べきれないほど多いけど、味はイマイチ」と思うのですが、ここMahaloのハワイ料理は食材選び、ソースづくり、火加減に繊細な工夫、配慮が感じられ、仲間の食後評価は全員が「グー」。

「アロハ〜」で迎えてくれ、食事が終わったら「マハロ(ありがとう)」でお見送り。
こんな店でいつかメレフラ ライブパーティをやってみたいものです。

永田 克彦さんの写真
「ガーリックシュリンプ・・・タマネギとニンニクの風味をつけたバターオイルでカリッと炒めたエビは皮ごと食べられる(12p 1180円。7p 780円。価格はいずれも税別)。」
「ロコモコ・・・ビーフ100%で、箸がスーっと通るほど柔らくジューシー。抑えの利いた特製デミグラスソースもいい(880円)。」
「アヒ・ポキ・・・サイコロ状に切ったAhi(マグロ)のオリジナルソース和え(1180円)。ワサビ醤油とはまったく別物のハワイ料理です。」
「ハワイアンチキン・・・醤油をベースにフルーツ入りのポリネシアンソースをかけたチキンは柔らかくてうまい(850円)。個人的にはこれがイチオシ。」


posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる(グルメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金曜日オンリーの180円ラーメン

メン食い男の金曜はRAMEN day。

守谷の珍来軒は毎週金曜日、460円の手打ちラーメンを180円で出す。
もちろん安い日だからといって魚介風味のさっぱり醤油味に手抜きはない。

ボリュームたっぷりの餃子(5個360円)を頼んでも計540円(税込583円)。

つい冷凍餃子(6個360円)をお土産に2つなんて頼んじゃう。
それで結局支払いは1400円ほどに。
ラーメンもうまいが、商売はもっとうまい(^.^)

− 場所: 珍来軒
「金曜サービスの180円ラーメンは太麺オンリー。もちろん、細麺やタンメン、チャーシューメンなど他のめん類も頼めるが、それらは通常価格。」
「金曜日はこのにぎわい。」
posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる(グルメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする