2009年01月04日

初詣小旅行

きのうは気がおけない友人たちと筑波山周辺の小旅行。

雨引観音(雨引山楽法寺。茨城県桜川市)はわが町から見ると、筑波山の向こう側に位置します。

初めて行ってみました。

案内板に西暦587年に開かれた寺とあります。
茨城にもこんな古寺があるんですね。

090103ishidan.JPG
(石段を登ると朱塗りの仁王門が迎えてくれます)

山門、仁王門、本堂、多宝塔、鐘楼堂、奥の院などいろいろなお堂を備えたなかなかどうして、ずいぶんと立派な山寺です。

090103hondou.JPG
(本堂)

090103kairou.JPG
(多宝塔と奥の院をつなぐ回廊)

090103teien.JPG
(山寺ですが、手入れが行き届いた庭は見ごたえ十分)

北海道育ちのkathyはこんな「古さ」との出会いがうれしくてたまりません。

桜やアジサイの季節もよさそう。
緑あふれるころにまた訪ねてみますかね。



観音様にお参りしたあとは、筑波山の中腹を裏側からドライブ。

気持ちのよい晴天。
眼下に関東平野がどこまでも開けています。

誰ともなしにつぶやく…。
  「温泉にでも浸かろうか」

日帰り湯から出てきた男2人連れをつかまえ、「ここの湯、よかった?」と聞くと「イマイチだね。ここを下ったところにあるホテルの方がいいと思うよ」。

「ふむふむ」
旅は「聞きながら進む」のが一番。

てなことで、たどり着いたのが筑波温泉ホテル。roten_1.jpg
日帰り入浴料は1000円。タオル100円。

お湯は無味無臭の単純泉。内風呂と露天風呂は手入れがよく、清潔です。

「冷めにくいお湯ですよ」とホテルのレストランのおばさんがいう通り、いつまでもポカポカ。

お風呂の前にオーダーしておいた釜飯がおいしそうな湯気を…。

軽〜くカンパイし、しばしトランプや歌などで童心に戻りました。

2009年もいい年になりそうな予感。
posted by kathy at 10:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

筑波温泉ホテル@筑波山
Excerpt: あまり温泉とは意識できないお風呂だが、お湯がやわらかいなぁと感じました。単純泉の循環湯ということで、若干塩素臭もしてました。設備は古いけど清潔感がありました。
Weblog: たび☆めし☆うま BLOG
Tracked: 2009-06-13 00:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。