2011年07月15日

コントロールできない技術、核・・・寝不足の夏、サッカー

菅首相が記者会見で(13日)。

「計画的、段階的に原発がなくてもきちんとやっていける社会の実現をめざす」。

「安全確保という考え方だけではもはや律することはできない、そうした技術である」とも。



ある原子力科学者のことば。

「10万年、100万年先まで安全を保証できる科学は残念ながら人間は持っていない」


豊かさと引き換えに現代の人間が後世に残す核のゴミは10万年以上も放射能を出し続ける。

1951年、アメリカで原発の実験稼働をおこなってからたったの60年。

日本で初めて原発が稼働したのは1963年だからまだ50年も経ってない。

コントロールできないものに手を出したばかりに取り返しのつかないことになりつつある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このところ、サッカー観戦で体内時計が狂わされて寝不足気味。


女子W杯にコパアメリカ・・・。

体格で劣る日本女子がドイツチームやスウェーデンチームを組織プレーで粉砕する。

南米2強のブラジル、アルゼンチンを小国チームが走り回って苦しませる。

「手を使わずにボールを相手ゴールに運ぶ」だけのルール。

コントロールできない原発と違ってサッカーはボールを上手に操る方が勝つ。

「暑い夏」はまだ続く。


posted by kathy at 06:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214907333

この記事へのトラックバック