2011年08月30日

少しは良識が残っていた?・・・民主党新代表に野田氏

清新を期待して2年前に1票を投じた民主党だったが、結局、O沢、鳩△といった自民党政治家と変わらない政治屋に内部から足を引っ張られ、ボロボロ、バラバラ。

しかし・・・。

きのうおこなわれた党の代表選で野田氏が決選投票で逆転勝利。

5人の候補の中では一番まともな考え方を持ち、腹が据わっていて度胸もある彼にひそかに期待を寄せていた。

派閥、グループの複雑な力学の中での勝利は、この党にも少しは良識が残っていたということか。

若手政治家のやる気をそぐ陰口やちょっかいに存在価値を求める古いタイプの先輩政治家が居並ぶ中で、どこまで耐えて己の信ずる道を歩めるか。

民主党の代表はすなわち国のリーダー。

頑張ってほしいものだ。





posted by kathy at 07:08| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kathyさん、しばらくです。
毎日、ブログ拝見しています〜
新総理・・・野田さん・・・
彼は地元です。
その昔、初めて県議に立候補したとき、新鮮組というハッピを着て、それはそれは若々しく凛々しく、弁舌も鮮やかで好感が持てて、母とワタシは街頭で差し出された掌に思わず熱く返しましたよ〜
夫人も紺のスーツで控えめですが、キビキビと健気に動いていらしたのを記憶しています。
なんか、年齢も同じなので、野田さんには密かに期待しています。
どじょうは金魚にはなれなくても、ウナギになるかもしれない・・・と!
Posted by ラブ・サーティ at 2011年08月31日 19:44
おはよ〜、ラブ・サーティ!

ごぶさた〜!  元気そうですね。

地元から総理大臣!
さぞかし盛り上がっていることでしょうね。

野田総理の誕生は、「新しい政治の到来」を感じさせます。
菅、鳩山、小沢のトロイカ3人組とはまったく異なる新時代の政治家ですが、よくぞあの泥海の中で立ちあがってくれました。

自分が編成する党執行部と内閣の新チームをどこまでまとめて仕事を進めてくれるか。
批判、中傷、いじめがメシよりも好きな連中の中でなんとか踏ん張って名宰相の評価を得てほしいものです。

Posted by kathy at 2011年09月01日 05:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。