2011年09月13日

70歳の友が逝く


会社で少し先輩だったFさんが急逝。

きのうはそのお通夜へ。


若いときから「55歳で会社をやめ、喫茶店のオーナーになる」と言っていた通りの第2の人生を歩んでいたが、肺に水がたまる原因不明の病気に冒されて2年前に店を閉じていた。

よく知られた2枚目俳優の弟で、我々にはそのお兄さんよりもいい男に見えた。

女性に大いにモテ、バレンタインデーには机の脇に満杯のチョコが詰まった紙袋が。

気配りがよく働き、謙虚で敵が少なかった。

しかし、身中に忍び込んだ敵には勝てなかった・・・。  

合掌



世は「長寿社会」というが、それは平均の話。

一昨年は妹が60歳で、昨年は兄が68歳で旅立った。

そして、今回の70歳の友。

周りは決して長寿社会ではない。



そういう自分も通夜に向かう道、電車時刻を気にして200mほど走ったら足は絡まり心臓はバクバク、呼吸はゼイゼイ・・・。

まるで42.195キロ走ってゴールに倒れ込むマラソン選手のようだった。

今しばらくはつきあわなければならないこの体、少し鍛えなおさなくっちゃ。

posted by kathy at 20:38| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kathyさん!!
人生まだまだこれからです。

弱気になっちゃダメです。

まだまだ楽しみましょう!!
Posted by okamiです!! at 2011年09月19日 22:32
おはよ〜、okamiさん!

気持ちは弱っていないんですが、体の衰えは確実に進んでいます。

okamiさんはご夫婦で山に登ったり・・・足腰も丈夫でお元気そうですね。

人生、まだまだ楽しむためにも、少し鍛え直そうかなと思っています。
Posted by kathy at 2011年09月20日 05:58
久しぶりに開いたページトップに、F氏の訃報、驚いています。何年か前、貴兄に教わって春日部の店へ訪ねて行ったことがあります。ソフトな人柄は相変わらず、客商売にうってつけと感じたものでした。70歳は早すぎますね。71歳の私も、思っていたほど頑丈ではなく、股関節痛はじめあっちこっちがたがたですが、気力だけは十分。「底抜けに明るい」と評された絵の個展(本郷東大前)、まだまだ何回もやるつもりです。また元気な顔を見せてください。
Posted by at 2011年09月20日 08:41
こんにちは〜、Mさん!

Fさんとは毎年正月にある会で会っていたのですが、今年の例会には体調を崩して出席されませんでした。
心配していたのですが、その後も思った以上に体調は悪化していたようです。

「喫茶店のマスター」がホントに似合う人でしたね。

Mさんも健康管理に気をつけてますます「明るい」絵をお描きください。
東大前の絵の個展、またご案内ください。
Posted by kathy at 2011年09月20日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。