2011年10月16日

演奏者と客が微妙な距離・・・緊張感がたまらないOpenstage

きのうの日曜日は久しぶりにOpenstageへ。

いろいろなジャンルの音楽愛好家たちが1グループ3曲ずつ披露し合う場だが、そういえば初めてここで演奏したのが去年の10月16日。

ちょうど1年前だ。

森の中のイタリアンレストランの裏にある木造の小ホールがその舞台。

大ホールとは異なり、同じフロアにいる演奏者とお客は手を伸ばせば触れるほど接近している。

その距離感が異常なほどの緊張感を呼ぶ。

肝試しにいい。

DSC00739ととや.jpg


<演目 by PuaMana >  memo

1、亜麻色の髪の乙女

2、Pua Olena

3、竹田の子守唄




posted by kathy at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 弾く・謡う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。