2011年11月23日

経済成長と心の豊かさのバランス


きのう朝はこの秋初めてマイナス気温に(-0.1度)。

ベランタの手すりやご近所の屋根は霜で真っ白になった。

葉が落ちて見ごろをとうに過ぎてしまった木々たち。

IMG_0159 乙沼.jpg


4年前、中国を旅したときに聞いた話。

「中国では人間の命は牛よりも軽い」

交通事故には気をつけて、というアドバイスだったが・・・まさか。

しかし、その「まさか」はホントだった。

◎多数の死者が出る大事故だったのに現場調査を早々に切り上げ、事故車両を埋めるなどして営業再開を急いだ一件。
 *さすがに民衆の怒りを怖れた温家宝首相は原因の徹底究明と情報公開を約束したが、その調査結果は国民にまだ説明されていない。

◎ひき逃げされた2歳の女の子を後続車がさらにひいて逃げ、通りかかった18人の通行人も倒れている女児を見捨てた一件。
 監視カメラの映像ですが、吐き気を催すので見ることを決しておススメしません。
  http://video.fc2.com/content/20111017P3FpXAS6/

◎定員9人のクルマに64人を詰め込んでトラックと正面衝突した幼稚園の送迎バス。園児20人が死亡、残る全ての子どもも負傷した。



現役時代に会社のトップ(創業者)から教わった戒め。

「会社の成長と心の成長のバランスが崩れると不正が起きる」

 *リクルート、ライブドアなど急成長会社が起こした事件・・・。



経済成長最優先で突っ走り、ついにGNPで日本を抜いて世界第2位の経済大国になった中国。

カネの豊かさを追い求め、大事なものが置いてけぼりにされているのだろう。

これは中国だけでなく、どの国にも、どの企業にも起こりうることだ。


落ちゆく紅い葉を見ながら、ふ〜、とため息。


DSC00941つくば紅葉.jpg


GNH(Gross Of National Happiness 国民総幸福量)を掲げるブータンの若き国王夫妻が20日帰国した

posted by kathy at 15:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。