2013年05月12日

桜を追って・・・満開の角館へ


行ったけどまだつぼみのままだった、それに寒くて寒くて・・・花見旅行にはそんな失敗がつきもの。

できれば桜はちょうど見ごろの頃に、もちろん天気も上々の日に愛でたいもの。

先月末に開花したのにその後雪が降るなど低温の日が続き、見ごろが大幅にずれ込んでしまった東北の桜・・・。

ブログ友だちが日々伝えてくれるサクラ情報とお天気情報でこれぞベストタイミングと見きわめた10日(金)、東北の小京都、角館をひとり訪ねた。

快晴無風。気温22度。湿度28%。ソメイヨシノ、しだれ桜とも満開。

間違いなくこの日が最高だった。

「サンデー毎日」の身分だからこそできるこの贅沢。

GWをはずして旅ができるご同輩たちで角館は賑わっていた。

IMG_0993.JPG
(桧木内川の土手の桜並木)

この町を訪れるのは3度目。

しかし、地元の人が「日本一」と誇らしげに呼ぶ角館の桜を見るのは実は今回が最初。

学生時代に住んだ弘前城の桜も見ごたえがあるが、武家屋敷や桧木内川などと「ふつうに溶け合った」角館の桜には別の趣がある。

特に並ぶ黒塀に押しかぶさるように咲く大きなしだれ桜は圧巻。

開花から満開までが長かったため「例年よりも色味が薄い」と地元の人は言うが、初めての目には十分新鮮だった。

DSC00059.JPG
(桜祭り期間が終わってクルマが戻った武家屋敷通りに花のシャワーが降り注ぐ)

「料亭 稲穂」に立ち寄り、
ブログ友だちのご亭主と女将に挨拶。

8年ぶりだったが、「kathyさん、若い〜!」。

お世辞とわかっていても、ついニヤリ。

毎朝、町の光景を撮ってアップしてくれるご亭主、変わらぬ美貌と笑顔がステキな女将さん、いつまでもお元気で。

posted by kathy at 10:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/360787710

この記事へのトラックバック