2016年04月27日

オール電化の過剰設備

ガタの来た家におさらばしたのが16年前。火が始末できなくなるボケの日も近いと考え、オール電化に建て替えた。
屋根には太陽光パネルを載せ、給湯も調理も全て電気任せ。ガスや石油は一切使わない。
梯子を上った屋根裏には大きな全館空調機。そこからダクトがタコ足状に各部屋へ伸びる。

しかし、程なく子どもたちは独立し、義母も施設にお世話になって今じゃカミさんと2人暮らし。だから設備は明らかにデカすぎ。

メーカーの担当が来て、いま屋根裏の大ダコを定期点検中。けどいくら試運転だからって、閉め切って冷房にしなくても---。
お〜〜、寒い。


永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真
posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437334415

この記事へのトラックバック