2015年03月31日

いっきに花咲く

キタ〜〜ツ !

きのう通った時は2〜3分咲きだったというのに、先ほど行ってみたらほぼ満開。
この時期の桜は目が離せません。(つくば農林研究団地 さくら通り)

永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真

posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

気づかぬうちに咲く梅一輪

3月並みのポカポカ陽気。気がつかぬうちに庭に咲く梅一輪。

暮れに咲いたこともあるこの紅梅・・・年々、花開く時期が遅くなる。

歳とともに反応が鈍くなるのは住んでるオヤジと一緒か。

3月並みのポカポカ陽気。気がつかぬうちに庭に咲く梅一輪。暮れに咲いたこともあるこの紅梅・・・年々、花開く時期が遅くなる。歳とともに反応が鈍くなるのは住んでるオヤジと一緒か。


posted by kathy at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

100均、半年

SDカードなどを入れてるケース、持っただけで親指がめり込んだ。

ま、半年使えたのだから良しとしよう。100均で買ったヤツだもの。

SDカードなどを入れてるケース、持っただけで親指がめり込んだ。ま、半年使えたのだから良しとしよう。100均で買ったヤツだもの。
posted by kathy at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

ホッ、外湯通いとおさらば

新しい電気温水器との交換工事が先ほど終わった。
お湯がたっぷり貯まれば今日からお風呂に入れるはず。

帰りに湯冷めする外湯通いとおさらばできるか・・・

新しい電気温水器との交換工事が先ほど終わった。お湯がたっぷり貯まれば今日からお風呂に入れるはず。帰りに湯冷めする外湯通いとおさらばできるか・・・
posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

外湯通いが続く

暮れに息を止めた電気温水器がまだ直ってない。

外湯通いが続く。

あさってには交換工事があるはずだが…

 − 場所: いこいの郷 常総
暮れに息を止めた電気温水器がまだ直ってない。外湯通いが続く。あさってには交換工事があるはずだが…
posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

息を吹き返すか「内風呂」

長かった休みもあけて、きのうようやく電気温水器メーカーに電話。

さっき修理マンがやってきて、強い風が吹き雨も降る中、ひとり格闘中。

息を吹き返すのか、それともこの温水器は短い生涯を終えるのか・・・

いつになったら外湯通い生活から足を洗えるのだろう。

永田 克彦さんの写真
posted by kathy at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

遅めの初詣

1月5日、遅めの初詣。
いつもは往復8キロを歩くんだけど、まだ本調子じゃないのでクルマで。

行く途中、カラスが目の前を横切った。吉運??
引いたおみくじは「大吉」。

締まりのないスタートだけど、何かいいことありそうな2015年の予感。

− 場所: 板橋不動尊
永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真
posted by kathy at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

よりによって大晦日・・・ 2発

よりによって大晦日・・・ 2発。

よりによって30日に電気温水器が息の根を止めた。台所、洗面所にお湯がこないのはガマンできるが、風呂に入れないのはこたえる。帰省中の息子が修理にトライしているが、さて・・・。

よりによって27日から喉を赤く腫らして微熱も。鼻声(ビセイ)くらいは絞り出せるが美声はムリ(もともとだ)。それより正月にうまい酒が呑めないのはつらかろうナ〜。

ま、これも人生。受け入れましょう。
今年、あっちこっちのシーンでお付き合いいただいたみなさま、よいお年を。

よりによって大晦日・・・ 2発。よりによって30日に電気温水器が息の根を止めた。台所、洗面所にお湯がこないのはガマンできるが、風呂に入れないのはこたえる。帰省中の息子が修理にトライしているが、さて・・・。よりによって27日から喉を赤く腫らして微熱も。鼻声(ビセイ)くらいは絞り出せるが美声はムリ(もともとだ)。それより正月にうまい酒が呑めないのはつらかろうナ〜。ま、これも人生。受け入れましょう。今年、あっちこっちのシーンでお付き合いいただいたみなさま、よいお年を。
posted by kathy at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満天の湯で芋の子洗い

今、こんなところにいます。

満天の星どころか満席の芋の子状態。
お隣さんと肌を擦り合わせてキレイに。

 − 場所: 手賀沼観光リゾート 天然温泉 満天の湯
今、こんなところにいます。満天の星どころか満席の芋の子状態。お隣さんと肌を擦り合わせてキレイに。


posted by kathy at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

ゆずの香り

テニス仲間が自宅の庭で採れたゆずを分けてくれました。

机の上にも1個。

ゆずの香りは不思議と気持ちを落ち着かせてくれます。

永田 克彦さんの写真
永田 克彦さんの写真
posted by kathy at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

優しい人柄が表れたすてきな絵

友人の水彩画家の個展を見てきました。
40年ほど前、彼が広告会社のグラフィックデザイナーだった頃からのおつきあい。
ドイツ、イギリスなどヨーロッパの国々や日本の町並み、建物、自然、人物などを明るいさわやかな色使いで描いています。
優しい人柄が表れたすてきな絵ばかりです。


水彩画家で友人の松 敏明さんの個展を見てきました。40年ほど前、彼が広告会社のグラフィックデザイナーだった頃からのおつきあい。ドイツ、イギリスなどヨーロッパの国々や日本の町並み、建物、自然、人物などを明るいさわやかな色使いで描いています。松 さんの優しい人柄が表れたすてきな絵ばかりです。ぜひ訪ねてみてください。<松 敏明 水彩画作品展> 会期:11月16日(日)まで 12〜18時(最終日は16時まで) 会場:ギャラリー「空」(クウ) 台東区東上野3-9-7 − Toshiaki Matsuさんと一緒です。
posted by kathy at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優しい人柄が表れたすてきな絵

友人の水彩画家の個展を見てきました。
40年ほど前、彼が広告会社のグラフィックデザイナーだった頃からのおつきあい。
ドイツ、イギリスなどヨーロッパの国々や日本の町並み、建物、自然、人物などを明るいさわやかな色使いで描いています。
優しい人柄が表れたすてきな絵ばかりです。


水彩画家で友人の松 敏明さんの個展を見てきました。40年ほど前、彼が広告会社のグラフィックデザイナーだった頃からのおつきあい。ドイツ、イギリスなどヨーロッパの国々や日本の町並み、建物、自然、人物などを明るいさわやかな色使いで描いています。松 さんの優しい人柄が表れたすてきな絵ばかりです。ぜひ訪ねてみてください。<松 敏明 水彩画作品展> 会期:11月16日(日)まで 12〜18時(最終日は16時まで) 会場:ギャラリー「空」(クウ) 台東区東上野3-9-7 − Toshiaki Matsuさんと一緒です。
posted by kathy at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

巨大台風、去る

この雲は19号のしっぽ?

まだ強い風が時おりうなりを立てていますが、台風は北へ。
夜通しきしんでいたわが家も何とか持ちこたえました。

この雲は19号のしっぽ?まだ強い風が時おりうなりを立てていますが、台風は北へ。夜通しきしんでいたわが家も何とか持ちこたえました。
posted by kathy at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

すべりこみ新年会

きのうは友人宅で1月ギリギリのすべりこみ新年会。

五色プチトマト、キュウリとサーモンのかぶ巻き、ふぐ刺し、ふぐちり、ふぐ鍋、パエリア、デザートあれこれ・・・これらすべて女性陣の手作り。

男たちといえば持参のワインの栓抜きくらいしか手を出せない。

それにウクレレを何曲かアドリブ演奏する程度・・・。

楽しすぎて、おいしすぎて・・・鍋とパエリアの写真は撮り漏らしちゃった。

ベランダに出てみると、「そろそろお帰りの時間だよ」と世界文化遺産のシルエットがつぶやいている。
写真
写真
写真
写真
posted by kathy at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

ブログとFacebook・・・

2014年元旦FB用.jpg

新年明けましておめでとうございます。

元旦に届いた賀状の中に「ブログが更新されてないけど、生きてるの?」などと書かれたものを数枚発見。もちろん、しぶとく生存し続けております。

ブログを8年前に始めた目的は@日記代わり(記録)、A友人、知人への消息便り、Bボケの予防、の3つでした。
あるとき友人から「それならFacebookのほうが簡単かも」とのアドバイスが。

上の3つのネライを満足させて、おまけに記事のアップは至って簡単、写真もいちいちサイズを小さくしなくとも一発で掲載できる、もちろん投稿後の変更もサラリとできる・・・らしい。

ただし、Facebookは記事の投稿は匿名ではなく、実名が基本。

これまでブログでkathyの名で書き逃げばかりやってきたので、「署名入り記事」には少しビビりますが、どうせ世の中を動かすほどの影響力などこれっぽっちもない記事ばかり。

実質何も変わらないだろうということで、スタートしてみました。

いや〜、やってみると記事のアップは至ってカンタン。

それにFBフレンズが「いいね」ボチッとやってくれるんで、調子に乗ってどんどん投稿するようになり、今では2日に1本ペース。


こんなわけでブログがご無沙汰になり、一部で「消息不明」騒ぎになってしまいました。スンマセン。

Facebook上の記事はGoogleかYahooで「私の実名とFacebook」とでも入力して検索すれば多分ヒットします。
同姓同名のプロレスラーのFacebookも検索されますが、筋肉系でない内容の方が私のです。

お時間のあるとき、お立ち寄りください。

なお、ブログはやめるわけではありません。時おり、こんな記事で失礼させていただきます。
posted by kathy at 17:51| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

豪華客船で行く世界自然遺産 小笠原B「6日間、同じ料理が出ない」



船旅では食事がイチバンの楽しみ。

ふじ丸では朝、昼、夕の3食以外に、3時にアフターヌーンティーでのケーキやクッキー、夜10時過ぎの夜食の計5食が用意されている。

そのメニューの豊富さには驚いた。

5泊6日、それぞれ一度として同じ料理はなかった。

シェフたちの和洋中調理法の引き出しの多さにも驚くが、長旅でも健康が維持できるよう薄味で野菜も多めの気配りも。

食材も新鮮で、レタスなどはいつもシャキシャキだった。

どんな保存法をとっているのだろう。

スクリーンショット 2013-07-11 9.32.17.png


スクリーンショット 2013-07-11 9.31.55.png

スクリーンショット 2013-07-11 9.39.22.png


posted by kathy at 09:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

消えるのを忘れた透明人間?


不気味なこの姿。

いったい・・・。

IMG_0698.jpg
(ナースに撮影を頼んだら「記念になりますね」だって。確かにこんな経験は2度としたくない)

ずいぶん前から夜中に何度も目覚めたり、そのまま眠れずに朝を迎えたり、睡眠の質があまり良くない。

歳のせいだろうが、念のため2年前に隣町にできたスリープクリニックなる専門医院で1泊検査を。

夕食後にクリニックに入り、あれこれの説明を受けたあと器具やセンサーを装着してひと晩の睡眠状態をチェックする。

頭から足先まで24個のセンサーをつけ、ずれないようテープやベルトでがんじがらめに。

目の動き、手足の動き、鼻呼吸、口呼吸、血中酸素量、心拍数、レム睡眠、ノンレム睡眠の状態などが記録される。

大量のデータは持っているセンサー集積箱を通して別室に送られる。

寝姿もすべて別室にいるナースがひと晩中暗視カメラで見ている。


こんな拘束状態、環境のもとでいったい眠れるのだろうか。

とも思ったが、何度か寝返りを打った記憶はあるものの、9時から朝の4時までほぼ睡眠を確保できた。

さまざまなデータを解析し、2週間後に医師から結果の説明があるそうな。


posted by kathy at 10:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

田園バンドPuaMana 春のお騒がせ予定


庭の紅梅は花を開き始め、白梅のつぼみはずいぶんを膨らんできました。

寒い冬でしたが、春はもうすぐそこまでやって来ているようです。


 

田園バンドPuaMana2013のお騒がせ予定です。


バンド演奏やフラに関心のある方、どうぞお気軽に足をお運びください


IMG_7861-2.jpg

(昨年の田園バンドPuaManaのステージ。フラは松江真理フラスタジオ)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3回 春のハワイアンカーニバル 


 日時:47日(土)    13:001630 (開場 12:30

     *田園バンドPuaMana の出演予定時間    1400

 会場:松戸市民会館

     千葉県松戸市松戸1389-1

       Tel.047-368-1237 

     *常磐線松戸駅下車、徒歩6分 

 出演:4バンド、5フラスタジオ 

 主催: NPO法人 マハロシップ

 入場:無料


7回 茨城県南ハワイアンフェスティバル


 日時:414日(日)    10:301600 (開場 10:00

     *田園バンドPuaMana の出演予定時間  1530

 会場:取手市民会館  

    茨城県取手市東1-1-5

       Tel.0297-73-3251 

     JR常磐線取手駅 徒歩123分 

 出演:5バンド、17フラスタジオなど約300名が出演!

    田園バンドのステージに小笠原の歌姫 okei さんが特別出演します。

 主催: 茨城県南ハワイアン協会

 入場:無料


湖北台近隣センター「春祭り」


 日時:420日(土)   午後(演奏時間が決まり次第お知らせします)

 会場:湖北台近隣センター

     千葉県我孫子市湖北台8-2-1

       Tel.04-7187-1122 

     *JR湖北駅から徒歩5分  

 主催:湖北台近隣センター  

 入場:無料


posted by kathy at 16:25| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

梅一輪、ほころぶ


梅のつぼみがほころび始めました。

手入れらしいことをしないため、庭の紅梅、白梅はいずれも全体の姿をご紹介できないほど不細工。

それでも毎年けなげに紅梅から花を咲かせます。

IMG_0303.JPG
posted by kathy at 14:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

2泊3日の房総族・・・真冬にとれた息子の夏休み


こんな真冬に息子が「夏休みがとれたのでどこか行こうか」。

てなわけで、先週はカミさん、息子と房総へ2泊3日の小旅行。

温泉に浸かり、花を愛で、潮風を嗅ぎながら約400キロを走った。

IMG_3476.JPG
(春の海 ひねもすのたり のたりかな。野島崎灯台)

IMG_0213.JPG

ポピーは三分咲き。見ごろにはちと早かったが、それでもこんな花が出迎えてくれた。

IMG_0268.JPG
(海ほたるから木更津方面を望む)


待てば海路の日和かな・・・


海路ではなかったが、帰りは木更津⇄川崎間のアクアラインを通り、海底を走って帰還。



そういえば息子が社会人になってから初めての一緒旅行。

宿代を払ってくれたこの子もほどなく40に手が届く。

口数は少ないが、気持ちは十分わかる。

ありがとうよ。

posted by kathy at 16:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

例年、1月第2週の月曜日に集まるニコニコ会


月曜日(7日)は会社時代の仲間との「ニコニコ会」。

例年、1月第2週の月曜日、新宿の寿司屋に集まる。

ひところは「会社の近況」が主な話題だったが、最近は「健康」の話ばかり。

 誰が亡くなった・・・
 誰が倒れた、入院した・・・
 あんたは元気そうだね。
 いやいや、実はねぇ・・・
        などなど。

去年まで元気に顔を見せていたAさんの姿が今回はない。

この会の創始者で御歳84才。

夜の町を歩くのがそろそろしんどくなったようだ、と幹事。

IMG_0082.JPG
posted by kathy at 12:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

濡れ落ち葉・・・


きょうは勤労感謝の日。

だがあいにく1日中、冷たい雨。

ふと見ると、隣の車に「落ち葉マーク」。

ドライバーは若い人に見えたが・・・。

DSC01500.JPG
posted by kathy at 16:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

あのふたりは助かったのだろうか・・・。


某月某日。

娘を駅まで送った帰り道、その朝はなぜかいつもの県道ではなく農道を自宅に向かっていた。

車2台が通れる程度の農道が碁盤の目のように交差している。

ふと前方を見ると田んぼに車が2台。

建物が何もない見晴らしのいい交差点だが、1台はクラクションが鳴りっぱなし。

その前にすれ違った数台の対向車はこの事故車両を見ているはずなのだが・・・。


車を止め、車を覗き込む。

両方に身動きしない男が窓に寄りかかっている。

出勤を急いでいたのか。

白煙を上げている車の男性は目は開けているものの呼びかけに反応がない。

さらに頭と腕から血がポタポタとしたたっている・・・。

このまま火が出たら焼け死ぬかも。

声をかけながら車から体を引きずり出そうとするが動かない。

どこかに挟まっているのか。

携帯で119に電話。

こういう時は事故の状況や現場の位置をなかなかうまく説明できない。

それでも5、6分で救急車が来た。

そしてその後ろにはなんと消防車も。

2台の車に別々に閉じ込められた男性がいることを伝えたので、レスキューも出動したのだろう。


緊急車両が到着したら、もう用はない。

警察パトカーもまだ来ないが、現場を離れて自宅に帰った。

手には血のりがべっとり。

事故でも起こしたのかとカミさんは仰天したが、水道水で流して落着。


あのふたりは助かったのだろうか・・・。

気になる。

posted by kathy at 21:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

駆け抜ける秋とともに・・・


夕焼け小焼けで日が暮れて♪・・・

DSC01457.JPG

日中の暑さはまだ残るなか茜色に染まる夕どきからめっきり過ごしやすくなったのは2週間ほど前。

その後、大小ふたつの台風が通過し、すっかり空気は「秋」。

市の広報車が節水を呼びかけた水不足騒ぎはどこへやら、台風と秋雨前線の影響で雨の日が続く。

その間隙を縫って、テニス仲間とバスツアーにでかけたのは西東京方面。

コスモス咲き乱れる国営昭和記念公園(立川市・昭島市)→白萩の大悲願寺(あきる野市)→250年前の庄屋屋敷「黒茶屋」(あきる野市)で懐石料理の昼食→100万本の曼珠沙華がみごとな巾着田(埼玉県日高市)をめぐる10時間の日帰り旅。

IMG_3409.JPG

行ったことはまだないが、あの世(彼岸)はこんな血の色の花が咲き乱れているのだろうか・・・。

曼珠沙華(彼岸花)は遠目にはぼけた赤い花だが、近くに寄ると実に精緻。

IMG_3428.JPG

そしてその週末は取手市民会館で県南ハワイアンフェスティバル。

スクリーンショット 2012-10-09 16.18.53.png

その夜は窓から写真が撮れるほど近いところで花火大会が・・・。

IMG_3451.JPG

モーレツなスピードで秋が駆け抜ける。

posted by kathy at 16:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

67才の息子に「ちゃんと食べているかい?」と99才のおふくろ様


定年退職したのが7年前の4月。

以来、毎年初夏のころに北海道へ帰っている。

しかし、3年前は妹の、2年前は兄の早い旅立ちを見送る帰省だった。

さらに去年は大震災と原発事故のあと顔面神経麻痺で入院。

とても北帰行する気分じゃなかった。


そして今年。

久しぶりに会うおふくろ様は99才になっていた。

百にひとつ足りないから白寿。

めでたい歳なのだが、すでに身の回りのことがほとんどできない。

世話をしている妹とショートステイ先の介護施設へ出向く。

顔を会わせるなり、「ちゃんと食べているかい?」と67才のkathyを子ども扱い。

認知症もずいぶん進んだが、息子のことはぼんやりとわかるようだ。

手を引いてやると、ホールから自室まで意外としっかりした足どりで歩く。

部屋に戻るなり「寝ていいかい」とベッドへ横に。

むくんだ足をさすってやると、気持ちよさそうに眠ってしまった。

来年の北帰行まで命を保つことができるのだろうか・・・。

寝顔をしばらく眺め、別れの挨拶を心でつぶやいてそっと部屋を出る。

posted by kathy at 12:21| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

週1回。5週間でウクレレ弾き語りを!


市の公民館から「ウクレレの初心者コースを開設したいが講師をやってくれないか」との依頼を受けたのは4か月ほど前。

「週1回。5週間で弾き語りを!」。

こんなキャッチフレーズで募集してもらったらなんと14人も集まってしまった。

DSC01326.jpgちっぽけな町なので、「ウクレレを始めよう」なんて物好きな人は集まっても片手程度か、とタカをくくっていたのだが・・・。

てなことで、これまでに教えているウクレレクラブやバンド活動とは別に、あたらしい初心者向け楽器講座を受け持つことに。



会社を定年退職してこの4月で8年目に入った。

現役時代にはほとんど触れることができなかったギターに親しむ第2ステージを、との期待はあったが、まさか人にウクレレを教えることになるとは。


全くの初心者がたった5回で弾き語りができるようになるのかどうか。

不安はあるが、楽しみでもある。


posted by kathy at 11:10| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

梅雨の晴れ間の合宿旅行・・・磐梯朝日国立公園

DSC01319.JPGDSC01319.JPG

土日(23、24日)は音楽仲間と1泊の合宿親睦旅行。

どうせカネを使うなら少額とはいえ東北に落としたい・・・。

ということで、昨秋のいわき旅行に次いで今回も福島は裏磐梯へ。


DSC01301.JPG

泊まったのは裏磐梯「カントリーイン 森のゴリラ」

前日まで大雨が降っていたという。

まさに梅雨の晴れ間。

DSC01302.jpg(ゴリラオーナーの鈴木敏秀さんは自称「森の案内人」。裏磐梯の木々、動物、昆虫のことなら何でも知っている。ゆっくりと歩きながらさまざまなことを教えてくれた)



1888年(明治21年)の水蒸気爆発によって磐梯山を構成していた4峰のうち小磐梯が吹っ飛び、その岩なだれが大きな谷間を埋め尽くして多くの湖沼や樹海が誕生した。

100年ちょっとでこれほど見事に自然が再生した例は世界でも珍しいという。

しかし、最初はすすきがはびこる殺伐した光景が広がっていた。

そのすすきの弱点は「日陰に弱い」。

日陰をもたらす赤松を大量植林し、すすきを駆逐して森を再生させたのは実は「人の力」だった。

偉大な森の番人たちの知恵・・・鈴木さんが紹介してくれた先人たちの話である。

ペンションの名を高村光太郎の詩にある「森のゴリラ」にしたのは、こうした先輩たちの志を継ぎたかったからなのだろう。

DSC01311.JPG

その「森の案内人」は同時に料理人歴30年有余のオーナーシェフ。

自慢の創作料理を前に酒もグイグイ進む。

酔いが回った頃に鈴木オーナーから突然の耳打ち。

「食後の演奏タイムに近所の知人、友人を招いてもいいでしょうか」


DSC01288.JPG

というわけでお客さま10数人を前にしたミニコンサートは8時に始まった。

次第に盛り上がり、途中からは客席、ステージが混然一体化。

実に愉快なミニライブだった。

<演目> memo

  1、Holei

  2、竹田の子守唄

  3、Pua Olena

  4、真夜中のギター

  5、Wailana

  6、ナンクルナイサ

  7、Lei Pikake

  8、星つむぎの歌

  9、Kahealani

10、大切なもの

11、小さな世界

12、ひだまりの詩

13、芭蕉布


DSC01293.JPG

あとは歌ったり、しゃべったり、もちろん飲んだり・・・。

ベッドに入ったのが12時半。


翌朝、2日酔いの重たい頭に朝日がまぶしい。

梅雨空続きの中での2日間の貴重な晴れ間。

晴れ男、晴れ女がこの中にいる。

誰だ?

posted by kathy at 11:11| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

深夜に駆け抜けた台風4号


ゴ〜ゴ〜、ザ〜ザ〜という風と雨の音にまじって時おり聞こえるウシガエルの声のような不気味なうなり音。

それにガチッと金属が建物にあたる音がする。

この衝撃音は不規則にやってくるので眠れやしない。

ベッドから立ち上がって音の発生源を確かめる。

カーテンを開けると窓ガラスが風圧で大きく膨らんだり戻ったり・・・。

このガラスが割れたら・・・、と思うとゾッとする。

と、目の前を何かが走る。

そしてガチッの音。

しばらくしてまた何かが走ってガチッの音。

網戸が風で右に左に行ったり来たりしているのだった。

「こいつか」と衝撃音の原因を突き止めたはいいが、窓を開けると危険なのでそのままに。


台風は何度も経験しているが、夕べのヤツは安眠妨害度からいえば1級台風だった。

結局、昨夜の台風4号で11時過ぎから2時近くまで眠りは一時中断。

それでも風が次第に弱まり、網戸が走らなくなっていつしか眠りに戻る。

朝、目が覚めるとウソのような青空。

きょうは最高気温が31.7度に達し、今年初めて真夏日となった。


posted by kathy at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

竜巻注意情報・・・


東日本大震災直後、ひと月に1000回もあった体に感じる地震の回数は、このところ落ち着いてきている。

先月(4月)は270回程度。

3分の1以下に減った。

たまに震度5前後の地震もあるが大きな被害までは発生していない。



変わって主役に躍り出たのが「竜巻」。

きのうも午後3時少し前、栃木、茨城、群馬、埼玉などに相次いで「竜巻注意情報」が出された。

急激に黒い雲が接近し、雨風が強まって落雷の音が耳をつんざく

新築間もない家屋まで倒壊した6日の大竜巻から1週間もまだたっていない。

あちこちで雨戸を閉める音が・・・。

屋根を飛ばされないか・・・。

窓ガラスが割れないか・・・。


大型トラックが突風で横転するなどしたが、結局、竜巻は発生しなかった。

竜巻は上空に強い寒気が押し寄せ、地上との温度差が40度程度になって、さらに湿った空気が吹き込むなどの要素が重なったとき発生するという。

この時期によく発生するのは、これらの要素が整いやすい季節だからなのだろう。



注意報に反応して雨戸シャッターを下ろし、さらにカーテンをしめて暗い部屋の中でじっと黒雲の過ぎるのを待つ。

竜巻に対してこんな緊張感を感じながら備えるのは初めての経験だ。

DSC01248.JPG

(豆苗の根の部分を水につけておいたら10日ほどでまた食べごろに。塩でサッと炒めて今晩も食べよっと

posted by kathy at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

突風、雷、雨、ヒョウ・・・突然の大嵐


きのうはいつものようにつくばの「モルゲン」でフランスパンを1本調達。

ここはドイツ仕込みの生地、塩加減、焼き方で「おいしい」と評判の店。

特にバゲットは焼き上がり時間を気にせずにいくと売り切れに会う。


家を出る時は晴れていた空。

なのにパン屋を出るころには西から分厚い雲がいくつも・・・。

やがて急激に暗くなり、怪しい風も吹き始めた。

他の予定をとりやめ、急ぎ帰宅することに。

帰り道、所々で突風がクルマを揺さぶり、大粒の雨も落ち出した。

玄関ドアを開けるなり大声で「窓を全部閉めてくれ〜」と家人たちに。



ほぼ同時に、強い風と叩き付ける豪雨が。

やがて屋根やひさしを打つカチカチカチカチという音。

ヒョウ!

カミさんは「あ〜あ、植えたものがやられちゃう!」と叫ぶ。

断続的に光る不気味な稲妻。



まもなく「嵐」は収まったが、同じ頃、30キロほど離れたところで大竜巻が発生していた。

屋根がはがれ、家屋が倒壊し、電柱が倒れ、死傷者も多数。

自然災害が起きるたびに、人間の無力さ、運、不運を思い知らされる。


IMG_3312.JPG
(突風やヒョウに耐えて庭に咲いていたスズラン)

お礼)心配して電話やメールをくれた東北の友人たちに改めてお礼申しあげます。

posted by kathy at 11:07| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする